arigari2

彼氏ができない女性にありがちな行動パターン

 

彼氏がほしいなぁ・・・と思っていてもなかなか彼氏ができない、という方、結構いますよね。

 

かくいうもそうでした。なんでできないのかなぁ?とかその当時は不思議に思っていました。

 

後から気がついたんですけど、できないのにはちょっとした理由があるんですよね。

 

今日はその彼氏ができない理由について書いてみたいと思います。

1.休日や金曜の夜は家で過ごす(会社と家の往復しかしない)

学生時代は、ほぼ半数が異性だったりして出会いに困ることってあまりないんです。

 

でも社会人ともなると、メンツも代わり映えしないし、自分から出会いを作りにいかない限り、出会いなんてありません。
街で偶然、とか電車内で突然、なんてドラマみたいな出会いは転がっていません。

 

自分から出会いを見つけに行きましょう。

 

飲み会でも買い物でも合コンでも顔を出せばそれだけ彼氏ができる確率は上がります。

2.異性から話しかけられるのを待つタイプ(受身型)

周りから「かわいい」と思われている方にこのケースは多いです。
若い頃は確かに待っているだけで普通に話しかけられるんですよね。

 

でも、年を重ねるとそうもいきません。受身は損です。

ある程度の積極性がないと彼氏はできません。

3.見た目が単純に「イケてない」タイプ

独自のファッションセンスを持っている方は、やっぱり一般的に見て「ウケ」は悪いです。

 

モテ系ファッションまで狙う必要はありませんが、普通の見た目のほうがモテます。

 

街行く彼氏連れの女の子の服装を見て勉強するとよいですね。

多少の男性ウケは大切です。

4.面白キャラ

友達としてしか見られません。

彼氏がほしいのならば、そのキャラは少し封印したほうがよさそうです。

 

私の周りの「彼氏無し」の子たちは、こういったカンジの子が多いです。

 

特に1。出会いがないのー、って嘆きつつも実質なにも行動してないんですよね。
そりゃ彼氏ができるはずがありません。

 

自分から動かなければなにも変わりません。年齢を重ねれば重ねるほどそうなります。

 

とにかく少しでも早く行動を! 待っていても王子様はやってきてはくれないのですから。

攻めの姿勢で挑む恋活のススメ

seme2

 

というものに対して、女性はどうしても受け身になってしまいがちです。

 

特に友情からの流れの恋愛や、男性側の告白からのお付き合いばかりを経験している人は、片思いの段階でアタックを続けたという経験がないために想いを伝えられることに慣れてしまい、自然と受け身のスタンスに落ち着いてしまう状況が珍しくありません。

 

彼氏ができないことを嘆く前に、彼氏を作るための努力が自分にできているのかを、考えてみる必要があります。

 

シンデレラだってパーティーに出席したからこそ、王子様に迎えに来てもらえたのであり、行動を起こす人間の前に運命の扉は開かれます。

 

自分から行動を起こすことを躊躇っていては、彼氏ができないのも無理のない話です。

 

本気で彼氏が欲しいなら、あらゆるところにアンテナをはって、理想の相手を探してみましょう。

合コンに街コン、婚活パーティーと、婚活を考える人がたくさん集まる場所で、自分の意志で好みの相手を探してみてください。

 

いいなと感じた相手がいたら、今度は積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

好ましいと思っていることを相手に伝えなければ、相手は反応のしようがなく、相手の反応がもらえなければ次のステップには進めません。

 

想いを隠しても何の意味もありませんので、いきなり告白というのはしづらいにしても、話しかけたり食事に誘ってみたりと、好きな気持ちが伝わる行動を心がけていくべきです。

 

好意を見せた途端距離を持たれるようなら、それは相手に交際する気がないというサインですので、直ぐに気持ちを切り替えて他の人に向かうことが大切です。

常に攻める姿勢で、立ち止まらずに婚活を進めていきましょう。

 

➡ おすすめの婚活方法はどれ?