社会人になると出会いの機会自体が減少する

 

社会人になって最初に感じることは、なぜか社内恋愛禁止が通達されていることにあります。

なぜなら、同じ会社内で恋愛関係にあること自体はさほど問題ないものの、別れた後に発生する恋愛関係のもつれが『 業務妨害となりやすい 』からです。

 

関係悪化と人間関係のゴタゴタを防ぐために社内恋愛禁止が通達されている場合があります。

 

そこで、学生時代とは異なり彼氏が欲しいなら、勤務先とは無関係なプライベートで積極的に動かなければならないわけです。

共通の趣味を持つ友人に彼氏候補を紹介してもらったり、習い事を新たに始めて同期の男性へアプローチするといった方法があります。

 

学生時代にはサークルやゼミ経由で自然に仲良くなれたからこそ彼氏が出来ていたという受け身な姿勢でも恋愛関係が発展しましたが、社会人になると入社から数年間は業務に追われることになって男性側に余裕がありません。

 

女性側からの積極的なアプローチをするため、既に仕事に慣れて恋愛に踏み出せる余裕がある男性を彼氏候補とすれば良いでしょう。

 

社会人になってからもなぜかモテる女性が確かにいますが、実は単に遊び相手として手軽だからという理由であって、真剣交際目的では無い可能性があります。

 

社会人になってから作る彼氏は、将来の結婚相手候補という意味合いが年々強まるので、10歳程度の年齢差があってもカップルはすぐに成立します。

 

彼氏が欲しいと考えている女性の数が多いからこそ、競争相手が動き始める前に自分から彼氏候補を探す攻めの姿勢へと切り替えることが大切です。