学生時代の彼氏とは、結婚を真剣に意識した交際をしていたか1度考えてみると良いでしょう。

なぜなら、社会人となってから彼氏を作る際には、単なる遊び相手としての恋人ではなく将来の結婚相手を見据えた交際が徐々に増え始めるからです。

 

学生時代とは異なり、社内恋愛が禁止されている会社へ勤務しているならば、アフター5の活動を広げてみる必要があります。

 

完全週休2日制が普及している現代であっても、20代のうちは社会人として仕事に没頭する男性が多く、彼氏候補となる男性にとっては彼女を作っても放置プレイにしてしまい機嫌取りをしなければならないという問題を抱えがちです。

 

そこで、学生時代からの交際が続いている彼女以外とは、単なる遊び相手のチャラい関係を除いて真剣に彼女が欲しいと思う男性の比率がそもそも少ないわけです。

このため、仕事に慣れて少し余裕が出始めた20代後半から30代前半の年上彼氏を探せば、真剣に付き合ってもらえる可能性があります。

 

容姿だけでチヤホヤされる学生時代の感覚をそのまま引きずって彼氏探しをしていると、出会いのチャンス自体が自分から動かない限り少ないので、趣味・習い事だけでなく交友関係の延長から彼氏候補を紹介してもらうと良いでしょう。

 

彼氏に対して遊び相手と将来を見据えた真剣交際のどちらを求めているのか明確にした上で探せば、独りで寂しい日々を過ごすことが無くなるはずです。

結婚を見据えた彼氏を探すなら、既に競争が始まっていることを認識した上で知り合うチャンスを増やすことが求められています。